• ホーム
  • サービス内容
  • 事務所概要
  • 所長の想い
  • よくある質問
  • スタッフ紹介

税務お役立ち情報&お知らせ

節税と脱税の違い

2012/05/17

karisen033[1]_gif.gif

日本の税制は、申告納税制度を採用しており、納税者(会社や個人事業者)が自ら税法に基づいて決算書や税務申告書を作成して、税金を納める仕組みになっています。

税法に従っている限り、節税です。しかし、税法に従っていない方法により税金を安くする行為は脱税行為です。一般的には、売上を除外してしまう、在庫数量をごまかしてしまう、経費を水増しするなどの行為は脱税行為です。

実務上は、税法に従っているか、あるいは従っていないかについては、解釈の幅があるのも事実です。一般的には、グレーゾーンと言われますが、グレーな部分に関しては、私たちは、当然、納税者に有利な解釈で税法と適用しようと考えます。ところが、税務署は、適正な課税の見地から、税法を適用しようと考えるため、そこに見解の相違が生まれます。

なお、このグレーな部分については、明確に税法に従っていないと言えるものではないため、決して脱税とはなりません。

(土井竜二)

▲ページトップへ

名駅から徒歩5分! 初回面談無料! お気軽にお問い合わせください。TEL:052-462-1940 [受付]9:00~17:00 名古屋市中村区名駅二丁目41番10号 アストラーレ名駅5階

間違いだらけの税理士選び
■お名前(例)山田太郎
■メールアドレス

求人のご案内

<対応エリア>

名古屋市および名古屋市から30分以内で
移動可能な東海三県(愛知、岐阜、三重)